会社案内 – 代表挨拶

平素は、格別のご支援とご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

東京鋼鐵は、鉄スクラップを主原料に、製鋼・圧延工程を経て鋼材を製造する電気炉一貫メーカーとして、大正7年の創業以来、常に業界の先駆者の誇りを持って、独自の生産技術と品質を追求して参りました。
この度、平成28年3月より、大阪製鐵株式会社のグループ会社として新たにスタートを切ることとなりました。
これにより両社が長年培い取り組んできた技術力をはじめとする経営資源の一層の有効活用と、生産・販売・物流面の最適化を図る所存でございます。 生産・販売基盤の異なる両社がグループとして一体経営をすることにより、大阪製鐵が有する関西、九州および東京鋼鐵の関東の両拠点をフル活用し、物流コストを中心としたコスト競争力ならびに生産対応力を強化いたします。
より一層の効率経営とお客様ニーズへの適切な対応を通じて、事業競争力の強化と企業価値の増大に努めて参ります。

電炉業界は、鉄スクラップ、副原料等ならびに製品が市況の影響を受けやすい業界であります。また、当業界は潜在的に供給能力が需要量を上回る傾向にあり、さらに海外要因も加わり、まさに変化に迅速に対応できる体制づくりが不可欠と考えております。今回の経営統合は、市場を勝ち残るための施策の一環であり、私どもの事業発展への決意の表れであると、皆様のご理解を賜れば幸いに存じます。

東京鋼鐵は、おかげさまで平成30年に100周年を迎えます。
今後も、お客様のニーズを的確にとらえ、行動し、成長し続けて参ります。

今後とも倍旧のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。