CSR – リサイクル活動

リサイクル活動

1. 製鋼再生砕石(スラグ)

リサイクル

電気炉で鉄スクラップを溶融する過程で発生する酸化スラグと精錬時に発生する還元スラグがあります。多くは道路用下層路盤材としてRC40の補足材に使用されています。その他民間の駐車場整地や土木資材として使用されています。 製鋼再生砕石については、下記で詳しく紹介しています
事業紹介 – 製鋼再生砕石事業

2. 酸化鉄(スケール)

酸化鉄

加熱炉から出たビレットを圧延する際に、表面上に薄く酸化鉄の膜が出来て、これが剥がれ落ちたものをスケールといいます。主に高炉の焼結材として利用されたり、コンクリートの原料として再利用されております。

3. 製鋼ダスト

製鋼ダスト

製鋼ダストはスラグ同様、鉄スクラップを溶融・精錬する過程で発生する副産物です。製鋼ダストから亜鉛やカドミウムを取り出し、薬剤や電池の原料として再利用されております。

4. 廃油処理

廃油処理

工場で使用された潤滑油は、再生可能な燃料として売却し、リサイクルされています。