会社案内 – 沿革

大正07年11月
合資会社東京鋼鐵製作所創立、小形棒鋼等を製造する。
大正11年02月
本邦に於いて初めてのスチールサッシバーの製作に成功し、その製法特許を取得、次いでリムリングバー、ポールピースバー、ノンスリップバー等特殊異型形鋼の製造に進出。
昭和21年09月
圧延機1基の運転を開始し、遂次設備を復旧すると共にアングル(山形鋼)の製造を開始。
昭和34年05月
栃木県小山市の黒田電工株式会社の用地、設備を買収、小山工場として合金鉄の精錬を開始し、同時に製鋼工場建設に着手。
昭和35年01月
小山工場に製鋼用10t電気が1基完成。操業開始。
昭和37年07月
株式会社に組織変更、東京鋼鐵株式会社と称す。
昭和51年03月
大島工場(江東区)を全面閉鎖し、小山工場に集約。
昭和53年09月
東洋製鋼株式会社、三井物産株式会社に対し第三者割当増資を行い、資本金6億6千万円となる。
昭和55年12月
資本金6億9千300万円となる。
昭和59年04月
不等辺山形鋼の製造を開始。
平成02年04月
株式店頭登録(株式公開)し、資本金24億5,300万円となる。
平成04年05月
新シンボルマークの制定。
平成16年12月
株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成22年04月
鉄構開発部新設。
平成23年10月
R付山形鋼の製造を開始。
平成24年07月
本店を千代田区内神田に移転。
平成28年03月
大阪製鐵株式会社による当社株式公開買付実施後、子会社となる
  • 創業当初の生産風景画 創業当初の生産風景画
  • 工場内の風景画 工場内の風景画